「AGE」ってなあに?

 

 

「AGE」とは?

 

 

体内で過剰に摂取した糖分とタンパク質に熱が加わり結びついてできる物質が「AGE」で、老化の原因物質とされています。
「AGE」が体内に蓄積されるとシミ・シワ・たるみ・薄毛など老化がすすみ、さまざまな病気を引き起こすことが分かってきました。
健康やアンチエイジングには「AGE」をいかに減らすかということがポイントと言えます。

 

 

 

 

 

 

「AGE」が体内にたまるには2つのルートがあります。

 

 

 

  1. 体内で作られる「AGE」
  2. 食べ物から体内に入る「AGE」

 

 

 

①体内で作られる「AGE」

 

 

血液中のブドウ糖が過剰になるとタンパク質と結びつき「AGE」が作られます。
「AGE」「糖でベトベトになって硬くなり柔軟性を無くしたタンパク質」というイメージです。
タンパク質は私たちの体をつくる主成分ですので、それが糖とベトベトゴワゴワになってしまうというのは大変なことです。
「AGE」の体内の生成に大きく影響する要因は血糖値の高さと持続時間です。
血糖値が高い状態が長いと糖がたくさんのタンパク質に接して多くの「AGE」が作られます。

 

血糖値 ✖ 持続時間 = 「AGE」の量

 

 

②食べ物から体内に入る「AGE」

 

 

食品によってはすでに「AGE」を多く含んだものもあります。
高温で調理したものほど高「AGE」値食品です。
「AGE」値は調理の仕方によっても大きく変わりますし食事の仕方でも変わります。

 

 

 

 

「AGE」が体に及ぼす影響

 

 

  1. シワ、シミ、くすみ、たるみ、肌の老化の原因は「AGE」
  2. 骨も糖化します。
  3. 血管年齢も上げてしまう「AGE」
  4. メタボも「AGE」から
  5. 腸内細菌を減らす「AGE」
  6. 心疾患のリスクも上げる「AGE」

 

 

 

 

①シワ、シミ、くすみ、たるみ、肌の老化の原因は「AGE」

 

 

 

この二人の写真をご覧ください。
この二人はふたごです。
ここまで見た目が違ってしまったのはなぜでしょうか。
左の女性は「AGE」をためない生活を続け、右の女性は「AGE」を増やす生活を何十年も続けてしまった結果ここまで見た目が違ってしましました。
肌がハリや柔らかさを保てるのはコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が支えているからです。
右の女性の肌のコラーゲンには糖が張り付いて「AGE」化して、肌の張りをなくしシミとシワをつくってしまったのです。
本当に「AGE」は女性の敵ですね。

 

 

②骨も糖化します。

 

 

骨を形成しているのは主にカルシウムとタンパク質です。
そのタンパク質であるコラーゲンが糖と結びついて「AGE」化すると茶色く変色して骨粗しょう症となり骨がスカスカの状態になってしまいます。
また、「AGE」が骨のカルシウムを破壊して溶け出すと、それが血管に入り石灰化して動脈硬化の原因になります。

 

 

 

血管年齢も上げてしまう「AGE」

 

 

血管は全身を走り血液を体の隅々まで運ぶ大切なものです。
「人は血管から老いる」とも言われ、血管の老化は様々な病気をひきおこします。
血管が老化して弾力を失うと動脈硬化を起こし、脳梗塞や脳出血のリスクが上がります。
この血管の老化にも「AGE」が深く関わっていました。
血管のコラーゲンが「AGE」化すると血管が弾力を失い動脈硬化を引き起こすのです。
そしてさらにその状態が続くと血管がジュクジュクして破れやすくなり、やがて破れてはがれた塊が血栓となり、心筋梗塞や脳梗塞を起こします。

 

 

 

④メタボも「AGE」から

 

 

最近の健康診断はメタボ診断も行います。
メタボな状態とは内蔵にたっぷり脂肪がついてしまっている状態です。
この内蔵脂肪を「AGE」が悪玉化することもわかってきました。

 

 

 

⑤腸内細菌を減らす「AGE」

 

 

腸は人間の生態活動に重要な役割を持っています。
腸で栄養を吸収し要らないものを排出します。
また、脳内ホルモンの70%を腸が作ることもわかっていますので、腸の健康は私たちの心と体の健康に不可欠です。
「AGE」は腸内細菌を減らし腸の活動を阻害します。

 

 

 

⑥心疾患のリスクも上げる「AGE」

 

 

第46回欧州糖尿病学会において、「AGE」(終末糖化産物)が心血管疾患の発生や総死亡率の独立したリスク因子である可能性が、399名の糖尿病患者の約12年の追跡研究で示されました。

 

これを裏付けるデータが出ています。
これは973名のⅡ型糖尿病を数々の数値を測ったうえで、その後3年以内の心血管疾患のリスクを追跡調査したものです。
いろいろな要因の中で「AGE」値が年齢についで心血管疾患のリスクが高いという結果が出ています。

 

 

 

「AGE」が引き起こす数々の病気

 

 

  1. 糖尿病の3大合併症と「AGE」
  2. アルツハイマー病と「AGE」
  3. 骨粗しょう症と「AGE」
  4. 白内障と「AGE」
  5. 動脈硬化と「AGE」
  6. ガン細胞と「AGE」

 

 

 

 

 

糖尿病の3大合併症と「AGE」

糖尿病患者さんは、高血糖状態が続いているため「AGE」が大量に蓄積されています。
糖尿病の診断基準の「ヘモグロビンA1c」も実は、赤血球のタンパク質であるヘモグロビンが糖化して「AGE」に変化する一歩手前の中間糖化物質です。
そして「AGE」は糖尿病の3大合併症と呼ばれる神経障害、網膜症、腎不全などにも悪影響を及ぼします。

 

 

 

アルツハイマー病と「AGE」

アルツハイマー病の原因として、脳内の組織にアミロイドベータというタンパク質が蓄積して、脳の神経細胞が死滅すると考えられています。
アルツハイマー病の患者さんを調べたところ、健常な人に比べ、3倍以上も「AGE」が蓄積していることが報告されています。
このようにアルツハイマー病の発生に糖化が大きく関わっていることがわかってきました。
つまり、糖化を避ける生活を送れば、アルツハイマー病にならないよう予防が可能になるのです。

 

 

 

骨粗しょう症と「AGE」

骨のコラーゲンが「AGE」化(糖化)すると骨の強度が下がり、骨粗しょう症になります。
また「AGE」によって破壊された骨はカルシウムとして血液の中に溶け出し、血管の中で石灰化し、動脈硬化のリスクにもなります。

 

 

 

白内障と「AGE」

目の奥で光を調整するレンズの役割を果たしている水晶体は、クリスタリンというタンパク質でできています。
クリスタリンが「AGE」化(糖化)すると、紫外線による酸化とあいまって水晶体が白く濁り、白内障をおこします。

 

 

 

 

動脈硬化と「AGE」

動脈硬化は日本人の死因の上位を示す「脳血管疾患」「心疾患」の原因になるものです。
欠陥の弾力を保つにはコラーゲンは欠かせません。
コラーゲンが糖化すると肌の弾力性が低下し、皮膚の老化につながってしまいます。
このように糖化は動脈硬化と密接に繋がっていることを覚えておいてください。

 

 

 

ガン細胞と「AGE」

ガン細胞を駆除してくれる体内酵素

血糖値の急上昇を慢性的に繰り返したり、高血糖の状態を続けると、タンパク質である「酵素」は余分な糖と酵素が結びついて糖化を引き起こし「AGE」となってしまいます。
結局、ガン細胞を退治するという「酵素」がもつ本来の機能を失ってしまいます。
ガン細胞を駆除してくれる酵素にとって一番の敵は「余分な糖」であり、「過剰な量の糖」ということになります。

 

 

 

次の「AGE」を測定しましょう!はこちらから

 

 

 

「AGE」レス(糖化レス)ライフスタイル4つの柱

 

 

「AGE」レス(糖化レス)料理で数値と体質のコントロール

 

 

「AGE」学会・論文・メディア掲載他AGE関連

 

 

 

 

 

 

 

AGEレス(糖化レス)ライフスタイル.COMへのお問い合わせは