AGE論文

How AGEs cause heart, liver, cognition problems
AGEは循環器、肝機能、認知能力をおとろえさせます。理由を「マクロファージの活性」としたレビュー記事です。体内で生じたAGEがマクロファージを活性化させます。結果、炎症が生じ、AGE受容体が増えます。AGE受容体により細胞死が生じます。AGEにより、体全体が老化するわけです。
マクロファージは免疫を高めるので、良いものです。病原菌はマクロファージにより殺され、その死骸がブレーキの信号を発します。死なないAGEはずっと、炎症をずっとおこし体を痛めつけます。
AGE damages CV, hepatic, and cognition functions. This review paper suspects “Macrophage” is a culprit. AGEs activate macrophages, and RAGE (receptor for AGEs) turns on. It causes inflammation and damages our cells.
Macrophages are good because they are immune cells. When macrophages kill pathogen, the dead pathogen will be a signal to stop inflammation. But, AGEs do not brake the activity. It ends up keep damaging our body.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28223234

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。