【「老人力」対応料理 その21】

【「老人力」対応料理 その21】

「文句を言わせず、バランスを取る 6」
(煮汁をあえて残して楽しむ)

煮物や鍋物の煮汁、それらの出汁の素晴らしさ(^_-)-☆
良い味出していますよね。
鍋なら雑炊やうどんを楽しむのが定番。
煮物も具材を変えて煮汁のセカンドユース。
肉じゃがをオデンにしたり、トマト煮をリゾットにしたり、鍋をブリ大根や角煮にアレンジしちゃうことも・・・(^_-)-☆
とにかく良い出汁が出ているので、和洋問わずに色々と遊べます。
今も数日前に冬瓜を楽しんだ煮汁にタン下(たんもと、タンの付け根の下側)が圧力鍋に入れられて、四川風アレンジで煮込まれています(^_-)-☆
前回のカボチャの煮汁でどう遊ぶか。
甘みと、トロみと、ベーコンの出汁。
使わない手は無いですものね。
レシピは次回。

MCA代表
日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
AGEレスフードコーディネーター
三吉健心

人を大切に、食とコミュニケーションで心と体を整える「チームMCA」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。