高「AGE」食品を摂らない

食品に含まれる「AGE」の約7%が体内に蓄積してしまいます。
食事に低「AGE」の食品を多く取り入れることが体内の「AGE」を減らすことにつながります。

 

 

  1. 「AGE」は高熱で調理するほど高くなります
  2. タバコを吸わない
  3. お酒は適量を
  4. 清涼飲料水の摂りすぎに注意しましょう
  5. 食物繊維を取るようにしましょう

 

 

 

1、「AGE」は高熱で調理するほど高くなります。

 

調理法で「AGE」の量は大きく変わります。
肉や魚やパンを焼いたときに生じる焼き目や焦げ目はまさに「糖化(メイラード反応)」を起こした「AGE」そのものです。

 

生➡ゆでる➡焼く➡揚げる➡レンジ

 

 

このように調理方法で「AGE」は大きく変わります。
メニューを工夫して低「AGE」の調理方法を多く取り入れるといいでしょう。

焦げ目はつきませんが、電子レンジでの再加熱は「AGE」を増幅します。
また、調理時に使われた油が過熱によって酸化して劣化コレステロールを生み出してしまいます。
劣化コレステロールは血管に侵食して動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールです。
電子レンジでの再加熱は温め過ぎないように気を付けましょう。

 

 

調理の仕方でこんなにも違う「AGE」

 

 

 

 

2、タバコを吸わない

 

たばこはもともと高「AGE」な上にさらに火をつけて吸いますから、吸うたびに大量の「AGE」が体内に取り込まれます。
たばこを10年以上吸っている人と全く吸わない人では7歳の年齢差があるという統計が出ています。

 

 

 

3、お酒は適量を

 

お酒は上手に付き合えばリラックス効果もありますので、適量を楽しみながらいただきましょう。
ただし時々休肝日を設けることが大切です。
休肝日を設ける人とそうでない人では2歳の年齢差が出ると言われています。

 

 

 

4、清涼飲料水の摂りすぎに注意しましょう

 

サイダーや甘いジュースに含まれる人工甘味料はブドウ糖の10倍の速さで「AGE」をつくると言われています。
また、ブドウ糖よりも依存性が高く、どんどん欲しくなるという研究結果も報告されています。

 

 

※市販のコラーゲンドリンクには「糖化」を促進させるのもあります。

 

 

「AGE」対策のためには品質の確かなものを選びましょう。

 

 

5、食物繊維を取るようにしましょう!

 

食物繊維は糖や塩分、コレステロールなどを包みこんで、体の中に吸収されるのを阻害し、血糖値の上昇を抑えます。
さらに腸内では老廃物を運び「AGE」を体外に排出するのを助けます。

 

 

 

「AGE」レス(糖化レス)ライフスタイル4つの柱

 

 

 

 

 

 

 

「AGE」レス(糖化レス)健康料理教室・「AGE」測定会の申し込みはこちらから

AGEレス(糖化レス)健康料理教室・AGE測定会のお申込みはこちらから