「AGE」を測定しましょう

「今の自分」を知る

生活習慣をチェックして今の自分をまず知りましょう!

「食」
●たばこを吸う。または過去に吸っていた。
●お酒の付き合いが多い。ほとんど毎日または大量に飲酒する。
●いつもおなかいっぱい食べてしまう。
●煮物より揚げ物が好き。
●味の濃いものが好き。
●朝ごはんは食べないことが多い。
●白いご飯、パン、うどんなど炭水化物が好き。
●あまり野菜を摂らず肉中心の食事である。
●スイーツや甘い物が好き。
●ほとんど噛まずに人より早く食べ終わってしまうことが多い。
●スナック菓子やファーストフードをよく食べる。
●外食が多い。

「運動」
●運動らしい運動はほとんどしない。
●いつも階段ではなくエスカレーターを使う。
●移動はいつも車を使っている。

「睡眠・休息」
●睡眠時間がいつも6時間未満である。
●よく眠れない。朝まで何回か目覚める。
●いびきをかいていると言われる。
●休みの日は家でゴロゴロしていることが多い。

「ストレス」
●翌日まで疲れが残っていると感じる。
●体がだるく疲れやすい。
●すぐに落ち込んだりイライラしたりする性格である。
●人に言えない悩みがある。
●仕事で責任の重い立場である。
●オンとオフの切り替えが下手でストレスをためやすいと思う。

「その他」
●紫外線対策をあまりしていない。
●太っている。(BMI値が高い)
●体の関節が硬い。

以上の質問
いくつあてはまりましたか?
あてはまった数が多いほどAGEが体内に増えてしまっていると予測されます。

AGE量を測って実年齢を知りましょう。

AGE値は今のあなたの健康や老化の状態を推測できる数値です。

 

 

 

AGE値は血液検査をしなければわかりませんでしたが、測定器(TruAgeスキャナー)によって簡単に測れるようになりました。
このAGEスキャナーはアメリカのMorinda社とオランダのDiagnoptics社が共同開発したものです。
その日のAGE値とそのAGE値から導き出した体内の実年齢(TruAge)を表示します。

 

 

※AGE値測定の留意点
●日焼け止めクリームや乳液などを使用している場、合使用後5日以上開けて測定する。
●あざやケガのある個所での測定は避ける。
●食後すぐの特定は避ける。

測定値に「ビックリ!」なあなたへ

●日本人は遺伝子的にインスリンの分泌量が少なくAGEを溜めやすい体質(倹約遺伝子)でもあります。
健康的な生活をしていてもAGEが高い方は体質が原因かもしれません。
そういう方は、より一層、生活習慣に気を配る必要があります。

●糖尿病や肝機能障害の方は高めの数値が出ます。
AGEは腎臓から排出されるため、腎不全になると3倍もAGEが溜まりやすくなります。

TruAgeスキャナーの測定値は約1か月の体内AGE量を測定していますので生活習慣の改善で数値を改善することが可能です。

 

 

次の「AGEレス・ライフスタイル4つの柱」はこちらから

 

AGEレス料理で数値と体質のコントロール

 

AGE測定をご希望の方はこちらから