AGE論文

◆AGEは受容体(RAGE)と結びつくことで炎症を引き起こします。

炎症は癌細胞の転移と成長を促します。

この研究ではRAGEを抑えることで、癌を抑え込んでいます。
最近のAGE研究は、AGEよりも、RAGEに関するものが主流になってきました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28670367

RAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。