AGE論文

AGEs and Schizophrenia
順天堂の大沼先生はAGEと統合失調の研究をしています。こちらはレビュー記事。AGE蓄積により糖化ストレスが生じ、体全体に炎症が起き、症状を悪化させます。
Dr. Onuma is studying the correlation between schizophrenia and AGEs. This is a review article, telling AGEs cause carbonyl stress which lead inflammation. Consequently, the schizophrenia condition gets worse.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29593588

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。