AGE論文

◆「AGE研究の父」

モニエ博士の最新論文です。

1型糖尿病患者は、

合併症として動脈硬化をおこしやすくなります。

 

血管のつまり具合(IMT)は

CTで調べることができますが、

血液検査で簡便に調べる方法が求められます。

 

モニエ博士は、

AGEとその前駆物質

(MG-H1, ペントシジン、グルコセパン)が

HbA1cよりも、

IMTと相関性が高いことを突き止めました。

 

さあ、イノベーションがはじまります。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26341632

 

データ2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。