AGEは骨粗鬆症に影響します。

AGEs and bone quality
AGEは骨粗鬆症に影響します。骨はカルシウムなどミネラルとコラーゲンなどタンパク質で構成されます。カルシウムは骨量であらわされ、タンパク質は骨質で表されます。この研究は人の献体から骨をいただ調べたもの。AGEが多いと、骨がもろくなります。抗糖化物質を添加すると、骨の劣化が予防できています。
AGE is one of osteoporosis factors. Bone consists of calcium and proteins. The former represents one quantity and the latter represents bone quality.
This research tells AGEs make bone weak. But it improves with anti-AGE agents.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29363521

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。