AGEレス簡単クッキング「魚介をさっぱりジェノベーゼソースで楽しむ」

 

スーパーでお御刺身用の冊なんかが安いとちょっと嬉しくなりませんか?

自分で切り分ければ盛り付けより格段に割安で、手間は少しだけかかるけど厚みも大きさも自分好みで出来るし、そもそも切たての刺身は水気が違います。
だからなのですが、刺身を買うときは殆ど冊ですね。

今回は生の食材で酵素を取り込むって言うのが気遣いかな。

素材は何でも良いです。

味付けの個性が強いので、白身はちょっと勿体無いかなと。
今回は、びんちょう鮪とサーモンとエビ(ブラックタイガーあたりで十分)

エビだけちょっと手間がかかります。
殻を取って背中から包丁を入れて開いて、背ワタをとって、さっと茹でます。
全体が白く色が変わったら水に入れて火が通り過ぎないように冷やします。

鮪とサーモンは好みの大きさに切って。

以上三品をボールに入れて市販のジェノベーゼソースを(バジルとニンニクとオリーブオイルと塩をミキサーでガーってやったものだと思って下さい)。
ジェノベーゼソースだけだとかなり味が強いので、生クリームを少しずつ足しながら味見。
生クリームはちょっと、と思う方は植物性のクリームを、トランス脂肪酸が心配って思う方は豆乳で。
コクが薄くなったり大豆の香りがしたり一長一短ですが、その辺の選択は御自身で。
好みのバランスになったら、少量のお酢を入れて清涼感を。
生野菜の上にドカッと盛り付けて、今回はピンクペッパーを散らしました。
レモンの皮のみじん切りなんかも美味いです。

エビの殻をむいて茹でた時間が有りますので、調理時間は20分くらいかな。
殻をむいて茹でたエビも売ってますのでそれを使って頂ければ10分ちょっとで仕上がるかなと。

調理器具は、まな板、包丁、ボール、エビを自分で茹でるなら鍋、ジェノベーゼソースをすくって混ぜたスプーン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。