AGE論文

AGE can predict MACE (major adverse cardiovascular events) in type I diabetes patients
I型糖尿病患者で心血管イベント(狭心症、心筋梗塞、虚血性心不全など)を起こした方と、そうでない方を比較します。予想因子は「糖尿病歴」「スタチン」「血圧」「過去の心血管イベント」「eGFR」「尿中アルブミン」そして「皮膚のAGE(TruAgeに相当します)」です。興味深いとこは、「HbA1c」が心血管イベントを予想していないことです(p=0.74)。同じ糖化なのに、AGEは予想でき、HbA1cは予想できない。終末糖化産物が老化物質だと言われるのも納得です。

Type I diabetes patients have high risk of MACE (major adverse cardiovascular events) . However, not all type I patients have MACE. What predicts the future event? They are: diabetes duration, statin, hypertension, previous history of MACE, eGFR, Albumin Excretion, and SAF (AGEs on skin).
Interestingly, HbA1c does not predict MACE. AGEs and HbA1c are same glycated products, but AGEs are not irreversible. That’s why AGEs are called “Aging Products”.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29884175

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。