博士のつぶやき

【AGEを下げるために 】

先週、糖化ストレス研究会でAGEについて発表してきました。
同志社大学の発表でベジファースト(野菜を先に食べる)の話をしていた。

モリンダのデータでは、べジファーストをしても血糖値はあまり下がらない。
キャベツを食べてからご飯を食べても血糖値は下がらない。
酢を飲ませると血糖値が下がることがわかった。
クエン酸が入っているような酸っぱいものなら下がる。
ノニジュースも良いデータを確認しています。

べジファーストではなくても、炭水化物を後に食べると下がる。
肉を先に食べて、炭水化物でも良い。
ヨーグルトを食べてからごはんでも良い。
ごはんを後に食べると良いということがわかった。

AGEが溜まると老化が進むというのは最近わかってきました。
AGEを測定することをやっていますが、一番大切なのは、それをどのように管理できるかです。
AGEを下げる生活習慣を提案したり、AGEを下げる製品を開発したりしています。

タヒチアンノニジュースを飲んで健康になったり綺麗になっている人が沢山います。
さらにコラーゲンや亜鉛を摂ることで、さらに良い結果になっていきます。

「AGEレス(抗糖化)・ライフスタイル」セミナーのご案内

7月AGEレス健康料理教室のご案内

7月のお料理教室のテーマは「スタミナ食材を爽やかに!」

7月19日日曜日
11時30分~15時30分
受付11時15分
池袋IKE.BIZ5階 料理実習室にて

安心・安全・簡単・AGEレス健康料理教室、AGE測定会
を開催します

定員16名

参加費2500円(レシピ、テキスト代、AGE測定費用含む)
参加申込み締切日7月16日まで

 

 

申し込みはこちらから

 

AGEレス健康料理教室・AGE測定会のお申込みはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です